脳梗塞、心筋梗塞、がんを免疫療法で直す~EPAとは~

最近注目されているEPAって何者?

EPAは様々な病気に対して効果がある成分

EPAはオメガ3系脂肪酸の仲間(がん治療専門医師)

EPA とは、オメガ3脂肪酸に分類される栄養素のことです。この脂肪酸は細胞が正常に機能するために必要なものです。細胞を正常に機能させることでがん治療にも効果があると言われています。また、EPAはコレステロールや中性脂肪を減らし、血が固まるのを防ぐ効果があることが分かっています。EPAは魚の油に含まれており、積極的に摂取することでがん治療だけではなく脳梗塞や動脈硬化、心筋梗塞にも効果があるという研究データが出ています。そのためEPAは免疫療法の分野からも注目を浴びている存在でもあるのです。

不飽和脂肪酸の効果・効能

多価不飽和脂肪酸はオメガ3とオメガ6系に分けることが出来ます。このオメガ3は、「αリノレン酸」「エイコサペンタエン酸」「ドコサヘキサエン酸」オメガ6は「リノール酸」が主な脂肪酸で、どちらも人の身体では作ることの出来ない必須脂肪酸の一種です。

オメガ3系不飽和脂肪酸

  • αリノレン酸
  • EPA(エイコサペンタエン酸)
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)

オメガ3のαリノレン酸は、人が摂取すると体内でEPAやDHAに変わります。このオメガ3を摂取することで血液のコレステロールの環境が良くなり、血圧が下がり血栓を引き起こす可能性がグンと低くなります。しかし、オメガ3を食べ物から摂取するには、新鮮なうちに食べないといけないという条件が付いてきます。劣化してしまう前に食べる必要がある、ということが言えるのです。また、オメガ6とのバランスを考えて摂取しなくてはいけません。理想的なバランスは「オメガ3:オメガ6は2:1」と言われています。オメガ6が少ないと「オメガ6p欠乏症」になり、摂取しすぎるとオメガ3の効果を発揮することが出来なくなります。そのためバランスよく摂取する必要があります。オメガ3の不飽和脂肪酸にはがん細胞を抑制する効果や心筋梗塞の発症率を低下させる効果など様々な研究によって明らかになっています。

オメガ6系不飽和脂肪酸

  • リノール酸
  • γリノレン酸
  • アラキドン酸

オメガ6の「リノール酸」には、悪玉コレステロールを現象させると言われていたが、同じように善玉コレステロールも低くしてしまうことが分かりました。さらにオメガ3不飽和脂肪酸とは逆にがん細胞を増殖させたり血管新生を促進させたりするプロスタグランジンE2の原料になることが分かっています。そのため、オメガ6を過剰に摂取することはあまり良いことではありません。しかし、オメガ6も必須脂肪酸のため、ある程度の量を摂取しないといけません。オメガ6が不足してしまうと、皮膚の状態が悪化してしまったり、肝臓や腎臓のトラブルや様々な感染症が発生したりしてしまいます。そのため、オメガ6は適量を摂取する必要があります。オメガ3とのバランスが大切なので、普段の食事に気を付けて、オメガ6を取りすぎず、その上でオメガ3を多めに摂取するようにしましょう。

EPAとがんの関係性を解明するための研究について

EPAは、がん治療や脳梗塞、心筋梗塞などに役立つと言われています。しかし、治療に役立つ効果は研究段階となっており、まだはっきりと検証できているわけではありません。そのため、EPAの研究は世界各国でも盛んに行われています。

EPA研究の始まり

EPAが注目を集めたきっかけとなった研究(免疫療法専門医)

EPAが注目を集めたのは、1970年代にグリーンランドでEPAの疫学調査を行ったことがきっかけでした。EPAを多く含む魚を多く食べている地域の人達は心筋梗塞や脳血栓が理由で死亡する確率が低かったのです。EPAを多く摂取する人々には虚血性心疾患の発症が少ないという研究結果が出されました。現在では、脳梗塞や心筋梗塞だけでなく、高脂血症治療や閉塞性動脈硬化症に対する治療にもEPAが用いられるようになっています。

EPAに関する実験の例

培養実験
EPAはがんや脳梗塞などの治療に効果的と言われていますが、膵がんに関しての研究もなされています。EPAを含有した培養液を様々な濃度で用意し、膵がんのがん細胞を培養したところ、全ての培養液でがん細胞の増殖抑制効果が見られたという研究が報告されています。膵がんの他にも、同じような研究で乳がんや肝細胞がん、肺がん、食道がんなどでEPAはがん細胞の増殖を抑制している報告が出ています。このような細胞レベルの研究でEPAはがんを抑制する働きがあることが証明されています。現在、EPAの効果をより明確化にするために世界中で研究が進んでおり、また注目度も高まってきているのです。
マウス実験
EPAはがん細胞を抑制する効果があると証明する実験の報告があります。それはマウスを利用した実験です。研究段階でマウスを利用して実験が行われることは、もはや当たり前のようになっています。実験内容は、膵がんの細胞株を皮下移植したマウスにオメガ3系脂肪酸を豊富に含んだ餌を与えました。すると腫瘍の大きさを抑制することに成功したと報告されています。この実験では膵がん細胞を移植して実験していますが、食道がんにも効果が認められる研究結果もあるようです。このような実験結果からEPAはがん治療にも役立つものと考えられています。

EPAの効果が認められているガンの種類

女性

EPAはがん細胞を抑制するとして研究報告が出されています。細胞レベルでの研究結果で、効果があるという報告が多く上がっているがん細胞の種類は、膵がんと食道がん以外に、乳がんや結腸がん、肝細胞がん、肺がんなどです。EPAは青魚に多く含まれていますが、同時にDHAも含まれています。DHAの研究では、抗がん効果が認められています。そのため、普段の食事で頻繁に魚を摂取している人に比べて、あまり魚を食べない人はがん患者が多いことも分かっています。

EAPでの予防とそれぞれの病気の知識が健康への第一歩

EAPの摂取だけではなく、重大な病気を防ぐためにも病気についての知識が必要になります。気づいた時には発症していたということがないように、早期発見できるように下のサイトを参照に病気について調べましょう。

TOPボタン